ミニマリズムの心地よさ、HSPの感性、断捨離、節約、おすすめアイテムを紹介しています。

【今日から簡単にできる】一人暮らしこそ固定費を節約しましょう

一人暮らしこそ固定費を節約しましょう

一人暮らしをしているけどお金が貯まらない。
お金の悩みを減らして楽になりたい。
けどケチケチした生活はしたくない!

こんな人にこそ固定費の節約がおすすめです。

そして重要なのが、

一人暮らしだからこそ
固定費はとことん節約できる

ということです。

今回の記事では、このような内容をまとめました。

この記事を読んでわかること
  • ひとり暮らしの人が固定費を節約できない理由
  • 実践してほしい固定費削減の方法
  • 固定費を減らすために役立つアイテム
ろっきー

今すぐ実践できる方法もあるので、この記事をきっかけに固定費を見直してみてください。

『目次』から気になる項目を読んでくださいね。

この記事を書いた人
ろっきー
HSP&ミニマリスト
  • 20代一人暮らし
  • 医療従事者
  • HSP
  • ミニマリスト

最新記事は『ろっきーブログ』ホームページで!

目次 : 読みたいところにジャンプ
       

固定費を減らして貯蓄率34%を達成

ろっきー

僕は大学生の頃から一人暮らしをしています。

当時はムダな出費が多かったですが、できるところから少しづつ節約し続けてきました。

その結果、昨年2021年に貯蓄率34%を達成しました。

額は恥ずかしいので隠させてください^^;
あわせて34%達成しました!

振り返ってみて言えるのは、固定費の節約こそがお金の不安を減らしてくれるということです。

この記事では僕の体験談や、実際に行った節約法を具体的に載せています。

僕と同じ一人暮らしで、固定費を節約したいと考えている人の役に立てたら嬉しいです。

一人暮らしだからこそ固定費を節約するメリット

チェック チェックポイント check

一緒に住む人がいない「一人暮らし」だからこそ、固定費削減は大きなメリットがあります。

一人暮らしで固定費を減らすメリット
  • 少しの手間で節約効果が高い
  • 自動で効果が続くのでストレスが少ない
  • 固定費の項目が少ないので管理が簡単
  • 自分の心がけ次第でとことん減らせる

固定費の削減は早ければ早いほどメリットが大きくなります。

簡単なもの、無理なくできるものから少しずつ始めてみてください。

       

これも一人暮らしだからこそ?固定費を節約できない理由

一人暮らしは誰にも縛られず、何でも自由にできるのが最大の魅力ですよね。

しかし自由にできるからこそ気を付けてほしい点がいくつもあります。

具体的には以下の項目です。

固定費を節約できない理由
  • 契約したままほったらかし、定期的に見直さない
  • 無駄な保険に入りすぎ
  • 必要以上の通信環境
  • サブスクリプションに加入しすぎ

それぞれ詳しく確認していきましょう。

契約したままほったらかし、定期的に見直さない

一人暮らしの多くは賃貸に住んでいます。

いま住んでいる物件の家賃・電気料金・ガス料金を、契約した当時のままほったらかしにしていませんか?

一人暮らしの固定費で最も重くのしかかるのが「住居にかかるお金」です。

住居費を見直すことで、固定費を大幅に削減できます。

電気やガスは、ここ数年の間に様々な会社が参入してきたことによって、簡単に見直せるようになりました。

       

無駄な保険に加入しすぎ

もしもの時にも安心ですよ

こう言われて必要以上に高いプランを契約したり、いろんなオプションを付けていませんか?

たとえ数百円であっても、固定費は積み重なっていくものなので決して軽く見てはいけません。

実をいうと、自分自身で加入すべき保険は少ないということをご存じですか?

日本は他の国と比べて社会保険が充実しているので、あなたの生活を守ってくれる制度がたくさんあります。

例えばこんな制度
  1. 高額療養費制度
  2. 障害年金・遺族年金
  3. 雇用保険
ろっきー

実は学生時代に父親を亡くしたのですが、
この制度に本当に助けられました。

この制度を知らず、不安だからという理由で保険を契約する人はたくさんいます。

そこで支払う「安心料」こそが、保険会社の売り上げです。

毎月積み重なる保険料が、あなた自身を苦しめていないでしょうか。

必要以上の通信環境

・高速回線
・通話し放題
・ギガ使い放題

快適な通信環境を求めて契約している人は、それが本当に必要か考えてみてください。

もちろん仕事や生活で必要だから契約してる人もたくさんいます。

しかしその一方で、

契約しているんだから使わないともったいない!

このように考え、「生活を契約に合わせた」という人もいるのではないでしょうか?

冷静に考えてみると、実はそんなに豪華な通信プランは必要ありません。

       

サブスクリプションに加入しすぎ

最近の定額サービスは音楽や動画配信だけでなく、服や食事など様々な分野にも広がっています。

どれほど使っても支払う額が一定で済むのはとてもお得に感じますよね。

しかし「安いから・お得だから」といって、いくつも契約している人は要注意です。

必要以上に契約すると、それを利用するための時間が足りなくなってきます。

そうして使わなくなったにも関わらず、お金だけ払い続けているサービスはありませんか?

一人暮らしでやって欲しい固定費を削減する方法

ここからは、一人暮らしをしている人にオススメしたい固定費を減らす方法を紹介していきます。

固定費を減らす具体的な方法
  • 格安SIM・新プランに乗り換え
  • サブスクの解約
  • 保険の見直し
  • 家賃交渉
  • 引っ越し

上から順に、簡単にできるものから並べました。

なぜオススメなのか、理由や詳しい手順を解説していきます。

格安SIM・新プランに乗り換え

通信回線を乗り換えるだけで、大手キャリアと比べて月5000円以上もお得になります。

安いのはいいけど何かあったら困る。
大手のキャリアが安心できるよね。

このように考えて、乗り換えをためらう人がたくさんいます。

確かに以前はトラブル対応などのサービスが弱かった時代もありました。

しかし最近は通信業界の競争が活発になったことで、誰でも簡単に乗り換えできるようになっています。

ろっきー

僕も以前はSoftBankでしたが、ワイモバイル、楽天モバイルと乗り換えてきました。

以前と比べて、毎月6000円以上の節約になっています。

楽天モバイルの良さはこちらの記事で詳しく紹介しているので、あわせて読んでもらえたら嬉しいです。

メイン回線こそ楽天モバイル 変更後すぐに使えるお得なテクニック

サブスクの解約

ひとつ解約するだけで毎月1000円近い固定費が削減できます。

「安いから」とつい加入しがちですが、契約した分だけ毎月の支払いが膨らみます。

本当に必要なサービスだけ選んで、他はすべて解約しましょう。

ろっきー

過去にミニマリスト目線で「学び・自己投資」に役立つサブスクを紹介しているので、こちらも読んでみてください。

ミニマリスト目線でオススメしたいサブスク3選

保険の見直し

必要最低限の保険だけ選ぶことで、固定費を大幅に下げることができます。

個人で入っておきたい保険は、実をいうとこの3つだけで充分です。

万が一に備えて入っておきたい保険
  • 火災保険
  • 損害保険(対人対物は無制限)
  • 掛け捨ての死亡保険
    (一人暮らしには不要)

浮いたお金を貯金や投資に回し、自分の力で将来に備えることが大切です。

筆者が損した体験談

ろっきー

僕は以前、よく考えずに契約した火災保険で大きく損をしたことがあります。

賃貸契約の際に「火災保険が必須だから」と言われ、不動産会社が用意したプランに半ば強制的に契約させられました。

当時勉強不足だった僕は、2年で2万円の火災保険を「そんなものか」と深く考えていませんでした。

しかしそのプランには部屋の破損や汚染に対しての保証がついていなかったため、床を傷つけた際に実費で支払う羽目になりました。

賃貸を契約した際の火災保険は不動産会社への仲介手数料が大半を占めるので、割高なうえに内容が薄い場合があります。

今の火災保険が高いなと思う人はネットで見積りをしてみてください。その安さに驚くはずです。

家賃交渉

あなたが住み続けている間も、その物件は古くなっていきます。

今住んでいる物件を検索してみると、今より家賃が下がっていることがあります。

もし見つけた場合は、一度大家さんに交渉してみることをおすすめします。

大家さんにとって家賃は貴重な収入源なので、空室になるリスクを恐れています。

少し家賃を下げるだけで住み続けてもらえるのなら、大家さんもその方が得なのです。

電気やガス会社の乗り換え

不動産会社が進める電気やガス会社は強制ではありません。

そのため携帯電話やネットのように、好きな会社に自由に乗り換えることができます。

ここ数年の間に様々な会社が参入してきたことで、料金が安いプランを選びやすくなりました。

使用量は変えずに固定費だけ節約できるのでとてもお得です。

ネットで簡単に契約できるので、一度見積もりを出してみてはいかがでしょうか?

引っ越し

引っ越しは時間と労力、そしてお金がかかるため、思い切った決断が必要だと思います。

しかし長い目で見ると数万円単位で固定費を削減できるので、勇気を出して取り組んで欲しいです。

・必要以上に広い床
・あまり使わない部屋
・物であふれかえった収納

その「余計な面積」にかけるお金を減らしましょう。

例えば月に1万円家賃を下げることができれば、
引っ越し代が30万円かかったとしても2年半で回収できます。

固定費の節約には「断捨離」がおすすめ

家賃を大きく減らしたい人には断捨離が特におすすめです。

断捨離で何が変わるのか?
  1. 持ち物が減って身軽になる
  2. 狭い部屋でも快適に過ごせるようになる
  3. 引っ越しへのハードルが下がる
  4. 引っ越し費用が安く済む
ろっきー

僕自身も断捨離がきっかけで支出が減り、生活が身軽になりました。

断捨離は家賃だけでなく、生活費を減らすきっかけにもなります。

僕の体験をもとに詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

固定費を下げたい人におすすめしたいアイテム

家計簿アプリ

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)
マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ
家計簿 マネライズ - 無料で人気の家計簿アプリ!シンプルで簡単にお金管理ができる家計簿アプリ
monelyze – シンプルで簡単にお金管理ができる家計簿アプリ
開発元:Shoji Konishi
無料
posted withアプリーチ

節約への大きな一歩は、収支を明確にすることです。

最近はクレジットカードと連携して自動で管理できるサービスもあります。

どんな方法でも大丈夫です。
あなたに合った方法で今の収支をチェックしてみましょう。

両学長:『本当の自由を手に入れる お金の大学』

お金の基礎を学びたい人に迷わずに読んで欲しい一冊です。

お金のことってよく知らない。
学ばなきゃいけないけど難しそう、、、

そんな苦手意識を持つ人にこそ特にオススメです。

難しい内容は表やイラストでとことんわかりやすく説明してくれるので、初心者にとても優しい内容です。

えっ!そんな仕組みなの!?
お金について学ぶっておもしろい!

お金に対する考えが大きく変わりますよ。

¥1,540 (2022/04/11 22:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

楽天モバイル

楽天モバイルの最大の魅力は「ワンプランですっきり完結すること」です。

利用料金は使った量に応じて自動で変動し、追加料金なしで通話し放題です。

他社の格安プランはオプションが多く、契約がごちゃごちゃしがちです。

ろっきー

僕は楽天モバイルを1年以上利用してきました。
この「余計な手間がかからない快適さ」が好きですね。

今の通信料金を見直したい人は、ぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか?

まとめ:固定費を削減して身軽に生きましょう

あらためて今回の記事をまとめると、このような内容でした。

この記事を読んでわかること
  • ひとり暮らしの人が固定費を節約できない理由
  • 実践してほしい固定費削減の方法
  • 固定費を減らすために役立つアイテム

この記事がきっかけで固定費を減らし、お金の悩みが楽になれば嬉しいです。

ろっきー

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
コメントやご意見をもらえると励みになります。
聞いてみたいこと、疑問点、なんでも丁寧にお答えします。
Twitterやブログのお問い合わせフォームでお待ちしてますね。

ブログ村参加中!応援お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
一人暮らしこそ固定費を節約しましょう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代一人暮らし
医療従事者(国家資格)
月間1400PVの3桁ブロガー
節約&綺麗好き

「丁寧な生き方」に役立つ発信をしています
【経歴】
15歳で周りとのズレに悩む
→20歳で父が他界
→就職1年で転職し非正規雇用

最新のTwitter発信

⇩コメント・ご意見ははこちらから⇩

コメントする

CAPTCHA


目次 : 読みたいところにジャンプ